/

上皇ご夫妻らワクチン接種 皇室で高齢の6人

上皇ご夫妻や常陸宮ご夫妻ら、皇室で高齢の6人が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けられたことが1日、分かった。

関係者によると、上皇さま(87)と上皇后さま(86)は住まいの仙洞仮御所(東京・港)で接種。上皇さまの弟の常陸宮さま(85)と同妃華子さま(80)、三笠宮家の寛仁親王妃信子さま(66)、高円宮妃久子さま(67)は宮内庁病院(同・千代田)で接種を受けられた。

国民の接種対象となっている65歳以上にあたるのは皇室で計7人。最高齢の三笠宮妃百合子さま(97)は接種していないという。宮内庁幹部は「個人情報にあたり、(接種を)公表する予定はない」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン