/

この記事は会員限定です

軽石、関東まで影響恐れ 漂着の沖縄で漁業・観光に打撃

(更新) [有料会員限定]

小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火に伴い発生した大量の軽石が11月下旬にかけて東日本の沿岸部に接近する可能性が出ている。沖縄では漁業や観光に打撃が広がっており、本州の警戒も強まる。軽石は漁船の航行だけでなく、含んだ塩分が漂着先の環境にまで影響を与える恐れがある。回収後の処理方法や処分場所の検討など「大量漂着」に備えた対策が欠かせない。

「これまで経験したことがない。手探りで進めるしかない」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1560文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン