/

流行語大賞も大谷旋風 五輪、ネット関連も入賞

(更新)

今年話題になった言葉に贈られる「現代用語の基礎知識選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」が1日発表され、米大リーグで活躍し、アメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手をたたえる「リアル二刀流/ショータイム」が年間大賞に選ばれた。

他のトップテンには東京五輪・パラリンピックに関する言葉が3つ入った。スケートボード・ストリートで、解説者の瀬尻稜プロが使った「ゴン攻め/ビッタビタ」や、ボッチャ個人の金メダリスト、杉村英孝選手の必殺技「スギムライジング」も。国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長をやゆした「ぼったくり男爵」も入賞した。

動画投稿サイトにアップされて話題となった歌手、Adoさんのヒット曲「うっせぇわ」や、家庭環境や境遇は自分で選べないという意味の「親ガチャ」、生まれた時からデジタルが身近な年代を指す「Z世代」も入った。

全ての人が性別に関係なく平等な機会と権利を持つという「ジェンダー平等」も受賞。新型コロナウイルス関連では「人流」「黙食」が選ばれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン