/

この記事は会員限定です

SMBC日興巡る相場操縦疑惑、東京地検が捜査する意味

[有料会員限定]

証券取引等監視委員会の強制調査を受けたSMBC日興証券の社員らを東京地検特捜部が捜査していることが判明した。市場の閉まる間際に社員が出した買い注文は金融商品取引法の禁じた相場操縦に当たる可能性があるという。一連の取引に法律上、どのような問題があり、特捜部が解明作業に乗り出す意味は何か。今後の展開も含め、3つのポイントから読み解く。

・市場が閉まる間際の買い、何が問題?
・東京地検が捜査する意味は?
・今後のシナリオは?...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン