/

この記事は会員限定です

「点検」名目に不要工事契約 コロナで在宅、トラブル増

(更新) [有料会員限定]

高齢者らの自宅を訪れ、不要な工事などを契約させる「点検商法」のトラブルが相次いでいる。今年4~9月の相談件数は全国で3074件と前年同期より14%増えた。昨春から被害が目立っており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う在宅時間の増加も影響しているとみられる。

「土台の木がボロボロになっている」。警視庁が11月に詐欺容疑などで再逮捕した30代の男=詐欺罪などで起訴=は昨年12月、神奈川県内のリフォーム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り828文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン