/

東京都心、8日連続の猛暑日 最長記録に並ぶ

(更新)

2日も日本列島は広く高気圧に覆われ、午前中から各地で気温35度以上の猛暑日となった。気象庁によると、東京都心は正午すぎに35.2度を観測し、8日連続で猛暑日となった。連続猛暑日は1875年の統計開始以降、最も長かった2015年7月31日〜8月7日に並んだ。

2日はKDDIの通信障害の影響で、気象庁は気温などのデータを一部で取得できなくなった。同庁によると、午後8時時点で気温30度以上の真夏日として把握できたのは519地点で、このうち134地点が猛暑日となっていたが、実際はさらに多かったとみられる。

全国で最も高かったのは長野県上田市で観測した38.8度で、観測史上の最高を記録した。このほか、京都市や福島県伊達市、鳥取市などでも38度を超えた。

気象庁は関東甲信から九州北部までの25都府県で熱中症の危険度が特に高まったことを示す「熱中症警戒アラート」を発表した。

連日の猛暑の影響で救急搬送される人も増えており、同庁は「外出はなるべく避け、こまめに水分補給し、室内をエアコンなどで涼しい環境にして過ごしてほしい」と注意を呼びかけている。

6月下旬から日本列島は太平洋高気圧と、中国大陸側から張り出したチベット高気圧の2層の高気圧に覆われ、全国各地で厳しい暑さが続いている。週明けには太平洋高気圧の張り出しも弱まり、一部では平年並みの気温になる見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン