/

この記事は会員限定です

困窮する外国人に公的支援を 龔軼群(きょう・いぐん)氏

認定NPO法人Living in Peace代表理事

[有料会員限定]

2020年度の生活保護の申請件数は22万8千件で、リーマン・ショックの直撃を受けた09年度以来、11年ぶりに増加に転じた。新型コロナウイルス禍で困窮した人にとって、生活保護は最後のとりで。それでも外国籍の住民の中には申請できない人がいる。

厚生労働省によると、外国籍で生活保護を受給できる在留資格は「永住者」「定住者」「日本人の配偶者等」などに限られる。20年12月時点で外国籍住民は288万人だっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り985文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン