/

この記事は会員限定です

狙われるネットの「住所」 ドメイン巡る紛争、過去最多

(更新) [有料会員限定]

ウェブサイトやメールアカウントを特定する文字列「ドメイン」を巡るトラブルが増えている。偽サイトへの誘導や嫌がらせを目的に登録するケースが相次ぎ、使用中止などを求める紛争の件数は過去最多となっている。仕組み上、悪用を根絶するのは難しく、リスクを理解して警戒を怠らないようにすることが求められる。

「この企業に技術はありません。詐欺に引っかからないように」。2020年6月、東京都内のITスタートアップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ネットの闇

インターネットが市民生活に定着し四半世紀。サイバー攻撃のレベルは上がり、匿名性を盾にした中傷、詐欺など悪用も絶えない。ネット社会の深化とともに色濃さを増す「闇」を追う。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン