/

藤子不二雄Ⓐさんが死去 漫画家「忍者ハットリくん」

「忍者ハットリくん」や「怪物くん」などで知られる漫画家の藤子不二雄Ⓐ(ふじこ・ふじお・えー、本名=安孫子素雄=あびこ・もとお)さんが川崎市内の自宅で死去していたことが7日、分かった。88歳だった。故藤子・F・不二雄さんとのコンビ「藤子不二雄」として戦後の児童・少年漫画を代表する作品を手掛けた。

手塚治虫さんにあこがれて漫画家を志望し、「藤子不二雄」として活動を始めた。

「天使の玉ちゃん」でデビュー。1964年に「少年サンデー」で連載を始めた「オバケのQ太郎」がヒットした。コンビを解消後、単独で活動していた。

ほかの代表作は「プロゴルファー猿」など。ブラックユーモアを効かせた「笑ゥせぇるすまん」や、自伝的な要素の強い「まんが道」、小説が原作の「少年時代」など、児童漫画以外も高く評価された。2008年旭日小綬章。

神奈川県警によると、7日午前8時40分ごろ、自宅敷地内で倒れているのが見つかったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン