/

この記事は会員限定です

「巌窟ホテル」、写真集で甦る幻の人工洞窟 埼玉・吉見

新井英範(写真家)

[有料会員限定]

白い石こうが塗られた岩肌に、黒やグレーのペンキで描かれた装飾が目を引く。明治37年に掘り始め、大正時代に「巌窟(がんくつ)ホテル」の名で知られた埼玉県吉見町の人工洞窟は、地元の親子が生涯をかけて掘った夢の館だった。現在は度重なる崩落で立ち入りが禁じられ、跡形もなく草木に覆われている。私は1978年に撮った写真で、幻の姿を甦(よみがえ)らせている。

正式名称は「巌窟ホテル・高壮館」。農民だった高橋...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン