/

この記事は会員限定です

角田光代、5年ぶり小説執筆 ストーリーから人物重視へ

[有料会員限定]

「八日目の蟬」などの作品で知られる作家の角田光代が、5年ぶりに執筆した小説を刊行した。「源氏物語」の現代語訳を経て、ストーリーより人物表現を重視する書き方に変わったという。

長編「タラント」(中央公論新社)のタイトルは新約聖書に出てくるキリストの例え話にちなみ、「Talent(才能)」の語源ともされる。キリスト教系の学校に通うなかで出合い、長らくその言葉の意味を考えてきた。「華々しく、大きなこと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン