/

この記事は会員限定です

要介護は突然に 高齢者施設、検討だけでも急ごう

人生100年の羅針盤 自分に合った施設選び、最初が肝心

[有料会員限定]

終(つい)のすみかをどうするか――。核家族化が進むなかでの人生100年時代。高齢者の施設への入所・入居はシニア世代、その家族にとって現実的な検討課題だ。転倒による骨折や脳卒中など、介護が必要な状況は突然訪れる可能性がある。希望する施設にすぐ入居できるとは限らないし、資金繰りを考える必要もある。大切なのは早め早めのシミュレーションだ。

希望の施設、すぐ入れず順番待ちも

引っ越しに伴う心身の負担も...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン