/

この記事は会員限定です

実習生の家 ノンフィクション作家 佐々涼子

[有料会員限定]

ベトナムでは鳳凰木(ほうおうぼく)に赤い花が咲くと故郷を思い出すという。それは夏休みの始まりを告げる花だ。

4年前のこの花の咲く時期、私は日本に来る前の技能実習生の取材に行った。1カ月後には食品加工の仕事に就くという女性はまだ20歳。現地の日本語学校の校長と私と彼女で故郷の実家に向かったのだ。大都市ホーチミンから車で40分ほど。のどかな田園地帯にその家はあった。青々とした田んぼが広がり、稲のにおい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン