/

この記事は会員限定です

俵万智、自分の「いいね」大切に 歌業探る展覧会

[有料会員限定]

歌人・俵万智がデビュー35年を迎え、歌業を振り返る展覧会が開催中だ。生活者としての目線から詠まれた短歌は、時代の変遷を鮮やかに映し出す。短歌とは「感情の見える化」と俵は話す。

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

この短歌が記された直方体のオブジェの側面に、手書きのはがきが印刷されている。「ごはんの用意しながらとか、何かたべながらとか、おふとん敷きながらとか、なんでもないこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1397文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン