/

この記事は会員限定です

弁護士兼若手ミステリー作家が話題作 法務経験謎解きに

[有料会員限定]

弁護士の経歴を持つ若手ミステリー作家が注目されている。法務の経験や知識を生かして社会・経済問題をリアルに描き、テーマや主人公のキャラクターが若い世代の共感を呼ぶ。

「これから法律に触れる若者を読者として見据え、共感できる主人公や場面を考えている」。そう話すのは2020年に作家デビューした五十嵐律人(りつと)(31)だ。今夏に出した3作目「原因において自由な物語」には、弁護士と作家の二足のわらじを履...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1248文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン