/

この記事は会員限定です

佐藤賢一「王の綽名」 デンマーク王「青歯王」

[有料会員限定]

海を隔てた2国を統治

デンマークでも王らしい王が現れるのは10世紀で、ゴーム老王(在位936~58年ころ)からである。拠点とした土地の名前からイェリング朝と呼ばれるが、その2代目が息子のハーラル1世だ。綽名(あだな)が「青歯王」と伝わるが、なんとも聞きなれない。最も古い文書が12世紀前半の年代記で、王を「ブラタン」と呼んでいる。ラテン語で書かれた文書だが、そのものはラテン語単語にはない。デンマー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1639文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン