/

この記事は会員限定です

「性」伝える絵本、親の助けに 幼少から身守る意識

[有料会員限定]

性教育を扱う絵本が相次いで刊行され、ヒット作も出ている。親の抵抗感を和らげながら、子どもの興味をひいて正しい知識を身につけられるように様々な工夫を凝らす。

8月刊行の「おうちせいきょういくえほん」(主婦の友社)を監修したのは、医師ユニット「アクロストン」として活動する夫妻だ。「赤ちゃんはどうやってできるの? という疑問に答える本。キーとなる精子と卵子をシールにした」という。カラフルなシールを性器の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1228文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン