/

この記事は会員限定です

BoAの後輩NCT 127 国の枠、解き放つ第4世代

K-POPの系譜(4) 金成玟(北海道大学准教授)

[有料会員限定]

今年はBoAの日本デビュー20周年。オリコン・アルバムチャート6枚連続1位、6年連続の「紅白歌合戦」出場など、振り返れば、世界第二の音楽市場である日本で収めた彼女の成功は、K-POP産業においても大きな分岐点だった。「海外市場」の不確実性は確実性へと変わり、その過程で「J」とは区別されるものとしての「K」という呼び名も生まれた。

そして、今度はアメリカ市場にたどり着いたK-POPは、さらなる分岐点...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン