/

この記事は会員限定です

J.Y.PARK K-POPのグローバル化へ現地化戦略

K-POPの系譜(2) 金成玟(北海道大学准教授)

[有料会員限定]

K-POPのグローバル化は、アメリカ音楽市場への挑戦と、様々な国や地域における現地化を通じて展開してきた。

K-POPが生まれる前から音楽で密接な関係のあった日本の文脈で、K-POPへの関心を一層高めたのは、9人中3人が日本人メンバーのTWICEによる世界的成功と「NiziU現象」だろう。

TWICEが「なぜ日本の若者はK-POPアイドルを目指すのか」という問いを投げかけたとするならば、NiziU...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1385文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン