/

この記事は会員限定です

時短要請の延長広がる 愛知や兵庫、リバウンド警戒

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染が増加傾向にあるなか、飲食店に対する営業時間短縮の要請を延長する自治体が広がってきた。首都圏の1都3県などに続き、29日には愛知県や兵庫県が3月末を期限としていた時短要請を4月21日まで続けることを表明。感染の再拡大(リバウンド)の防止へ、延長を余儀なくされている。

愛知県の大村秀章知事は、名古屋市の酒類を提供する飲食店への時短要請を延長すると発表した。午後10時の閉店時間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン