/

この記事は会員限定です

沖縄文化、多様性が生む進化と危機 継承の動き本土でも

復帰50年 「万国津梁」沖縄の今(上)

[有料会員限定]
沖縄の本土復帰から50年を迎えた。首里城正殿に掲げられていた鐘に刻まれた「万国津梁(ばんこくしんりょう)」という言葉は、この島が様々な国や地域との懸け橋だったことを物語る。大陸、日本、そして米国。伝統を踏まえつつ、多様な文化を融合させ、独自の文化を育んできた沖縄の歩みをたどる。

「アイヤアイヤ! イヤーサッサ!」。5月8日、国立劇場(東京・千代田)で開催された「沖縄芸能フェスティバル」にはポップな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン