/

この記事は会員限定です

コロナ禍でのいいこと 落語家 立川談四楼

[有料会員限定]

一律給付金1回という世に住んでいます。コロナ禍も早や足かけ3年、相変わらず落語会の中止や順延が続いています。

固定給のない、完全歩合制の我らも収入が途絶えつらいところですが、主催者の愚痴も切ないものがありました。

開催するつもりでチラシを刷ります。演者に渡したり、会場に置いてもらったりするのですが、中止では無駄になり、順延でも刷り直しになります。事務所に重なったうず高いチラシの山、さて何万枚ある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1599文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン