/

この記事は会員限定です

診療現場では語られない男性不妊の実情

「日本の男性不妊」 竹家一美さん(あとがきのあと)

[有料会員限定]

一昔前、不妊は女性側に原因があるとみなされることがほとんどだった。男性側の要因による割合が約5割に上ることが明らかになって近年は社会の意識も変わりつつあるが、学問の世界でも男性不妊をテーマとした研究はまだ少ない。自らも不妊治療を経験した研究者が、患者らへのインタビューを通じて男性不妊の実情に迫った一冊だ。

自らは結果的には子を持つことができなかった。体の強くない自分の問題と思っていたが、検査で夫に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン