/

この記事は会員限定です

犬と日本人(1) 鳥獣戯画 乙巻(部分)

立正大学教授 溝口元

[有料会員限定]

ペットからコンパニオン・アニマルへ。さらに「ウチの子」と呼ばれ「家族」の一員となったイヌ。日本におけるイヌの登場場面を、歴史を念頭に眺めていきたい。

世界に誇る日本のアニメの源流ともいわれるのが京都・高山寺の国宝「鳥獣戯画」(4巻)だ。2014年に修理が完成し京都国立博物館に次いで翌年、東京国立博物館でも特別展が開催され、観客は40万人を数える大盛況だった。

擬人化されユーモラスで動的なウサギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン