/

この記事は会員限定です

米国の象徴ファストフード ジャンク文化皮肉る映画

映画とグルメ(4)斉田育秀(食文化研究家)

[有料会員限定]

ハンバーガー・フライドチキン・ホットドッグ・サンドイッチ・ドーナツなどの「ファストフード」はアメリカ映画の常連で、逆にこれらの食べ物が画面に登場するだけで、映画はより「アメリカンっぽく」なる。では「ファストフード」から観(み)た映画の話をしよう。

「ハンバーガー」に関する映画といえば、「ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密」(2016年)がダントツに面白い。マクドナルドの"創業者"レイ・クロックが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン