/

この記事は会員限定です

酢に映る美味へのこだわり「シェルブールの雨傘」

映画とグルメ(3)斉田育秀(食文化研究家)

[有料会員限定]

海外の映画(洋画)で異国の風俗・文化を知るのは昔も今も変わらない。そこで"食文化の視点"から、グルメ大国フランスの「シェルブールの雨傘」(1964年)を観(み)てみよう。

熱愛中の傘屋の娘と修理工の青年が、彼の兵役で仲を引き裂かれる。妊娠した彼女は彼が死んだと思い宝石商と結婚する。復員した彼は事実を知りヤケになるが他の娘と結婚し、ガソリンスタンドを経営する。雪のクリスマスの晩、偶然娘を連れた彼女が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン