住宅ローン金利、フラット35など固定型上昇 物件も高く計画見直し - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

住宅ローン金利、固定型上昇 物件も高く購入計画見直し

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

2023年1月、大手銀行の10年固定型や住宅金融支援機構のフラット35などの住宅ローン金利が軒並み上昇した。22年12月の日銀の金融緩和修正による実質利上げの影響が表れた。家計は今後どう対応すべきか、まとめた。

金利が上昇したのは住宅ローンのうち固定型の金利だ。メガ銀行の10年固定型の基準金利が軒並み年3%台後半となり、一定の優遇が行われた後の適用金利も上昇した。住宅ローン比較サービス「モゲチェ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2248文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません