/

この記事は会員限定です

雷電ら伝説力士の墓碑調査 史跡1000カ所超訪ねる

杉浦弘(元会社経営者)

[有料会員限定]

平家物語が伝えるように盛者必衰はこの世の習いだ。日本の国技、相撲もあまたの強者が現れては消えていった。私は、現在の大相撲の源流である勧進相撲が始まった江戸時代以降に焦点を絞り、土俵に情熱をささげた力士や行司らの史跡を調べて60年になる。全国で1000カ所を超える墓碑などを巡ってきた。

力士ゆかりの寺社や土俵は数多い。特に墓碑にはしこ名や年寄名、活躍時期などが記され、多くの情報が得られる。

例えば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1176文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン