/

この記事は会員限定です

新海誠監督が語る新作アニメ「すずめの戸締まり」

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新海誠監督の新作アニメ映画「すずめの戸締まり」が公開された。災いの元となる「扉」を閉めていく少女の冒険を通し、閉塞感漂う日本が「次に進む場所」を見つけることを願う物語だ。

すれ違う男女を緻密で美しい風景の中で描いた「君の名は。」(2016年)、異常気象のもとで少年少女が懸命に生きる「天気の子」(19年)と立て続けにヒットを飛ばし、日本アニメ界をけん引する存在になった新海監督。映画の舞台あいさつな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1519文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません