/

この記事は会員限定です

大阪・西成高校、周回遅れから先頭へ 校長が育む多様性

大阪府立西成高校長・山田勝治さん(人間発見)

[有料会員限定]
日雇い労働者が集まる街・釜ケ崎を抱え、貧困などの問題が凝縮する大阪市西成区。この地にある府立高校で、13年にわたって教頭、校長を務めてきた。生徒の生活実態に切り込み、学びやすい環境を整備。かつて20%近かった中退率は1ケタに下がった。試行錯誤しながら、日本が抱える格差問題と格闘している。

西成高には学ぶことについて困難を抱えた子どもたちが通っています。中学まで満足な学校生活を送れなかった子がやり直...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り7309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

人生哲学や仕事観、生い立ちなどを経営者や科学者、政治家など様々な分野の人に聞くコラム「人間発見」の記事サイトです。1995年から続く日経の名物連載です。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン