/

この記事は会員限定です

市川海老蔵、歌舞伎座で親子3人「夢の共演」

[有料会員限定]

「3人で歌舞伎座に立つのを夢見ていた」と語るのは、歌舞伎役者の市川海老蔵。7月4~29日に上演する歌舞伎座(東京・中央)の「七月大歌舞伎」第2部で、長女の市川ぼたん、長男の堀越勸玄とともに、成田屋ゆかりの「雪月花三景(せつげつかみつのながめ) 仲国」に出演する。

「雪月花三景 仲国」は帝の忠臣、仲国(海老蔵)が悲恋を支える舞踊劇。ぼたんと勸玄は蝶(ちょう)の精を演じる。海老蔵は娘の舞踊について「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン