/

この記事は会員限定です

石川直樹、出生地東京を撮る コロナ禍の日常旅する軌跡

[有料会員限定]

世界中を移動し様々な土地や人々を撮ってきた写真家・石川直樹が、新型コロナ禍で自らのルーツ、東京にまなざしを向けた。開催中の個展は、日常に未知を見いだす新たな「旅」の記録だ。

2019年10月、石川は米アラスカのユーコン川をカヌーで下っていた。この年、ヒマラヤのK2にも挑戦したがかなわなかった。「来年はリベンジを果たそう」。新型コロナの感染症が世界を覆っていくのはそれから間もなくのことだ。

地球全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン