貴婦人の装い(9) ジェームズ・ティソ「早すぎて」 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

貴婦人の装い(9) ジェームズ・ティソ「早すぎて」

日本女子大学教授 内村理奈

[有料会員限定]

19世紀後半は、後ろ姿におしゃれのポイントを置くようになった時代である。かつて最新流行の伝達手段であったファッション・プレートをみると、この時代のものは、モデルが後ろ向きになっていることが多い。ちょうど「見返り美人」のような構図である。

1860年代頃から80年代くらいまで、確実に女性のファッションは背面に集中していた。60年代くらいから、バッスル・スタイルといって、お尻の部分を膨らませる装具を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り298文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません