/

この記事は会員限定です

呼び出し ヘルタ・ミュラー著

安住できない社会 胸を苛む

[有料会員限定]

ルーマニア出身のドイツ語作家ミュラーが1997年に出版した長編小説。彼女は2009年にノーベル文学賞を受賞している。

社会主義政権下のルーマニア。語り手の「私」はアルブ少佐のところに呼び出しを受けている。場所は国家公安局だろうか。「十時きっかり」に出頭するよう言われているが、呼ばれる頻度がこのところ増している。ルーマニアからの出国を試みた、というのが容疑の内容らしいが、アルブの言動は尋問というよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン