/

この記事は会員限定です

転ばぬ先に…つえを使うなら要注意 3つのポイント

元気の処方箋(東京大学医学部付属病院 理学療法士 山口正貴さん)

[有料会員限定]

年齢を重ねると足の痛みやふらつきが出て、つえを使う人が増えてくる。ただ気になる使い方をしている人が意外に多い。体を支えて歩きやすくするのが役割なのに、使い方次第では逆効果になることもある。気をつけたいのは握り方、高さ、持ち手だ。

よく使われるT字のつえで説明しよう。まず握り方。グリップ(握る部分)に手を置き、シャフト(支柱)を人さし指と中指で挟む。

次に高さ。通常は腕を体の横に垂らしたときにグリ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り677文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン