/

この記事は会員限定です

しょうゆの代わりに「煎り酒」 減塩に一役、手作り可能

すっきり生活

[有料会員限定]

「煎り酒」をご存じだろうか。しょうゆの代わりに江戸時代中期までよく使われた調味料だ。一般的なしょうゆに比べ塩分が少なく、素材の風味を生かしやすいと近年注目を集めている。

しょうゆというと、和食には欠かせない調味料。ただ、しょうゆが普及する前は日本酒に梅干しとかつお節を入れ、煮詰めてつくる煎り酒が身近な存在だったようだ。

酒と呼ばれているものの、煮詰めてつくるので、アルコール分はほとんど感じられな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン