/

この記事は会員限定です

老人性うつ・認知症に負けない 人気作家の苦闘の日々

『老いる意味』 森村誠一著(ベストセラーの裏側)

[有料会員限定]

往年の人気作家が自らの「老い」を包み隠さず語ったエッセーを発表し、大きな反響を巻き起こしている。森村誠一著『老いる意味』(中公新書ラクレ)は、地方のシニア世代を中心に支持を集め、2021年2月の発行で8刷16万9000部を突破した。

森村氏は1970~80年代に発表した『人間の証明』『悪魔の飽食』など、映画化もされた数々のミリオンセラーで知られる。『老いる意味』は、そんな著者が80歳を過ぎて発症し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り790文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン