/

160年前の米最後の奴隷船、歴史登録財に  3月調査へ

ナショナル ジオグラフィック

think!多様な観点からニュースを考える

 2019年、米国最後の奴隷船として知られる「クロティルダ」号の残骸が、モービル川の濁った水中でおよそ160年ぶりに確認された。以来、考古学者たちが調査研究を続けてきた結果、2021年11月8日、クロティルダ号が米国の国家歴史登録財に指定された。当初考えられていたよりはるかに多く船体が残っていると判明し、クロティルダ号は米国最後の奴隷船であるだけでなく、最も保存状態の良い奴隷船にもなった。

調査を請け負うサーチ社の海洋考古学者で、クロティルダ号の研究を率いるジェームズ・デルガド氏は「考古学的な記録に残っている最も完全な奴隷船です」と話す。デルガド氏の推定では、貿易用スクーナー(高速帆船)を奴隷船に改造する際に追加した隔壁などを含め、木造構造物の最大3分の2が残っているという。

「船とその用途だけでなく、フォスターや乗組員が奴隷船に改造するために加えた変更についても、直接的な物的証拠が存在します」とデルガド氏は説明する。「人が収容されていたエリアの大きさまでわかります。これが判明したとき、チーム全員がハッとして感動に包まれました」

賭けに始まり、証拠隠滅に終わる

アラバマ州モービル近郊の歴史ある町アフリカタウンで育ったジョイスリン・デイビス氏は、コミュニティーの起源について聞かされてきた話をずっと信じてきた。奴隷の輸入が法律で禁じられて何十年もたってから、ある裕福な白人実業家が、アフリカからモービルに奴隷を密輸する賭けを行ったという話だ。

クロティルダ号の船長ウィリアム・フォスターは1860年、110人の奴隷を船に乗せてアフリカから帰国した。デイビス氏の祖先で、アフリカタウンの創設者の一人であるチャーリー・ルイスも含まれていた。

フォスターは犯罪の証拠をもみ消すため、クロティルダ号を燃やして沈めた。そして、モービル川のどこかに船の残骸があると言われていた。

「船があるから現実味があるわけではありません」とデイビス氏は語る。「自分の祖先が記録に残されていて、本も何冊かある……私にとっては、それで十分でした。しかし、船はさらなる楽しみになりました」

そして今、新事実が明らかになり、ただでさえ特別なクロティルダ号がさらに希少な存在となった。

川の水が濁っていて、沈没船をはっきり見ることができないため、研究チームはソナーで全体像をつかもうとしている。

「ダイバーの視界が数センチしかない川に沈む船の話です」とデルガド氏は言う。「私たちにとって、ソナーは明かりのようなものです」

 また、沈没船の一部を覆う泥炭の変化についても新たな知見が得られた。

「現場の泥が動くことが判明しました。剥がれ落ちることもあれば、付着することもあります」とデルガド氏は説明し、潮の満ち引きに例えた。「それまで見えなかったものが露出し、再び泥に覆われることもあります」

調査結果次第では引き揚げも?

デルガド氏によれば、沈没船の「的を絞った限定的な」発掘が2022年3月に予定されているという。たるに入った水、豚肉、牛肉、米、ラム酒、糖蜜、小麦粉、パンなどの物資が船倉に残されている可能性もある。船の木材に残る体液や排せつ物の痕跡から、人のDNAを復元できる可能性さえある。

「そういうものが残されている可能性は十分あります」。デルガド氏によれば、そうした発見への期待も、クロティルダ号が歴史登録財に指定された理由の一つだ。

22年3月の発掘調査では、木材サンプルの採取、沈没船に定着している水生生物の調査、現場の劣化を防ぐ対策の検討が行われる予定だ。この調査で収集した情報は、残骸の引き揚げが可能かどうかなど、クロティルダ号の今後を決める際の判断材料として使われる。

アラバマ州歴史委員会の考古学者ステイシー・ハソーン氏は懐疑的だ。

「問題の一つは、何かを発掘するとき、文脈を壊してしまうことです。文脈がなくなれば、物語も失われます」と話す。「情報収集には細心の注意を払わなければなりません。なぜならチャンスは一度きりだからです。壊してしまったら保存できません」

 沈没船をそのまま保存し、真珠湾に沈む米海軍戦艦「アリゾナ」号のように、近くに記念館をつくるという選択肢もある。いずれにせよ、考古学者や州当局が子孫のコミュニティーと緊密に連携し、最善の道を探ることになる。2022年夏には、新しい博物館アフリカタウン・ヘリテージ・ハウスがオープンする。

デイビス氏にとっては、研究者が発見する詳細の一つ一つが小さな奇跡であり、コミュニティーの物語が国際舞台で語られる機会だ。

「素晴らしいことです」とデイビス氏は喜ぶ。「10〜15年前には、このような展開になるとは想像すらできませんでした。なぜならすべてが伝説だったためです。しかし、今やすべてが記録されています」

文=CHELSEA BRASTED/訳=米井香織(ナショナル ジオグラフィック日本版サイトで2021年12月25日公開)

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン