/

この記事は会員限定です

ブレイディみかこ、初小説で問う「子供の貧困」

[有料会員限定]

2019年に発表した「ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー」がベストセラーになった。労働者階級の子供が集まる英国の中学校を舞台に息子の成長をつづったが、当の息子の感想にハッとしたという。「現実はもっと悲惨で、貧困ゆえにクラブ活動すらできない子供が大勢いると言われた。見えない存在にされた彼らを描けないかと考えた」

そうして執筆した初の小説「両手にトカレフ」(ポプラ社)は、貧しい家庭に生まれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン