/

この記事は会員限定です

宇宙と夢、7つのドラマ 北上次郎氏が選ぶ一冊

空をこえて七星のかなた 加納朋子著

[有料会員限定]

仕掛けがある小説は紹介しにくい。その仕掛けを書いてしまったら、読書の興を削(そ)ぐことになるから、それだけは出来ない。しかし多くの場合、それに触れずに美点を語るのは難しい。たとえば、数年前に加納朋子『いつかの岸辺に跳ねていく』という小説があった。おっとびっくりの仕掛けがあって、ええーっ、と驚く愉(たの)しい小説であった。あのときはホント、紹介に困ったものであった。

実は加納朋子の今度の新作にも仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン