/

この記事は会員限定です

包丁研ぎ 歌人 小池光

[有料会員限定]

斎藤茂吉の若いころの歌に、

〈めん鶏(どり)ら砂あび居たれひつそりと剃刀研人(かみそりとぎ)は過ぎ行きにけり〉

という知る人ぞ知る名作がある。作られたのは大正二年だから百年以上前だ。

当時、剃刀研人という商売があって、ふれ声をかけながら町々を廻(まわ)っていた。カミソリだけでなく包丁や鋏(はさみ)なども研いだと思われる。鶏たちが一心に砂浴びしているところに来たとき、一瞬そのふれ声は絶えた、というの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り435文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン