/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり 五目炒めの中華丼

[有料会員限定]

中国ではご飯の上に具をかけたものを「会飯(ホイファン)」と呼ぶが、日本の中華料理店には「中華丼」というメニューがある。この両者は、八宝菜を白飯の上に盛り付けるところに共通性があり、おそらく中国料理からの転化なのだろう。日本でいつごろから中華丼としてデビューしたのかを調べてみると、昭和3年の大日本家庭料理研究会編の刊行物(中央書院)に初見があった。また昭和9年の「古川ロッパ昭和日記」に「浅草の来来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン