/

この記事は会員限定です

小泉武夫の食あれば楽あり 残りガツオの揚げ浸し

[有料会員限定]

カツオ(鰹)の刺し身が大好きなものだから、我が輩にとって今はカツオ騒がせの時期なのである。福島県のいわき地方では、刺し身といえばマグロではなくカツオであったので、小名浜港に水揚げされたものを子供のころからいつも食べていた。

とりわけ田植えの時期には、魚屋の店頭にはカツオが溢(あふ)れ、刺し身だけでなく塩焼きや煮付け、味噌汁の実、炊き込み飯でも食べていた。余分に残ったものは、味噌漬けにして保存して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン