/

この記事は会員限定です

ノーベル文学賞6日発表 「越境文学」の視点を探る

[有料会員限定]

10月6日午後8時(日本時間)、ノーベル文学賞が発表される。近年有力候補として名前が取り沙汰される多和田葉子氏は、ドイツに住み日本語とドイツ語の両方で創作を続けている。昨年の受賞者、アブドゥルラザク・グルナ氏はタンザニア出身で英国在住、執筆言語は英語だ。言語の壁や国境を越え、複数の文化を背景にして生まれる作品は、世界文学の標準形となりつつある。複雑さを増す現代社会における「越境文学」の視点を探っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1254文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

ノーベル賞

2022年のノーベル賞発表は10月3日の生理学・医学賞からスタート。4日に物理学賞、5日に化学賞、6日に文学賞、7日に平和賞、10日に経済学賞と続きました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません