/

この記事は会員限定です

河内の鴨 特産、不死鳥のごとく復活

ご当地食の旅

[有料会員限定]

大阪府南東部の南河内。かつて養鴨(ようおう)が盛んで、最盛期には全国の需要の7~8割を賄い、家々では夏の滋養食として鴨(かも)すきを食べた。養鴨家は1軒のみだが、丁寧に育てる河内の鴨が復活しつつある。

一般的に「鴨肉」と呼ばれて食される鴨は、鴨とアヒルの交雑種の合鴨(あいがも)だ。養殖で育てられ、国内需要の約9割は輸入物が占める。

天然物の鴨は鉄分が少し多く、赤みが濃く「野性的な味」といわれる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン