/

この記事は会員限定です

最期まで家族を思った父 女優 瀬奈じゅんさん

それでも親子 

[有料会員限定]

――どんなご両親ですか?

「親子の話をするなら、きょうは父について話してほしいと母に言われました。父は新型コロナウイルス禍の昨年11月に肺がんで他界しました。定年後に10年以上も闘病生活を送り、家族が見守るなか、自宅で息を引き取りました。通帳や書類を整理し、家計の見通しまで計算してありました。意識がもうろうとしても私の仕事を気に掛け、最期まで家族を思いやってくれた父を尊敬しています」

――普段は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン