/

この記事は会員限定です

共感広げるギターの魔力 沖仁 con 小沼ようすけ

[有料会員限定]

フラメンコギターの沖仁とジャズギターの小沼ようすけのデュオというと、ジャンルを超えた出会いで珍しがられるが、実際には、もはや現代では日常的と言っていいのではないか。この対話の楽しさの根源には、むしろ、今も日々増殖し、不思議に変貌しつづけるギターという楽器の特性にあるだろう。

冒頭のボサノバの「黒いオルフェ」から、この小気味いい「混乱」が広がる。メロディーは勝手に味付けが行われ、二人の対話は、小沼が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン