/

英国で海鳥が「前例のない大量死」 鳥インフル変異型で

ナショナルジオグラフィック

think!多様な観点からニュースを考える

英国北部のスコットランドに位置するシェトランド諸島の狭い地峡で、みすぼらしい姿の鳥が一羽、そばを通り過ぎる人々を気にもせず砂にうずくまっている。灰と白のまだら模様の羽が風に煽られても、その若いカモメは楽な姿勢を取ろうともしない。つい最近始まったばかりの新たなトラブルの兆候だ。

オオカモメは、カモメとしては世界最大の種であり、成長すれば翼を広げた幅が1.6メートル以上にもなる。しかし、この個体が北大西洋の空を飛ぶことはもうないだろう。

同じ浜辺に横たわる数十羽のシロカツオドリも、周辺の島々に散らばる無数の死骸も同様だ。彼らの姿はまるで空から堕ちた天使のようで、頭は後ろに反らされ、翼は広がり、ブルーベリー色をした片目が天を見つめている。

2022年に高病原性鳥インフルエンザのアウトブレイク(集団感染)が発生したとき、最初に人々に警告を発したのは、こうした鳥の死骸や瀕死の鳥たちだった。この鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)の起源は、1996年の中国のガチョウ農場にまで遡る。それ以来、何百万羽もの家禽が鳥インフルエンザの犠牲となり、過去には人間の死者が出たこともある。2021年、ウイルスのある株に突然変異が起こり、さらに強い感染力を持つようになった。今年の株は、特に海鳥に強烈な被害を及ぼしている。

「非常に厳しい状況です」と、英国王立鳥類保護協会(RSPB)でシェトランドを担当するケビン・ケリー氏は言う。

ケリー氏はほぼ毎週、防護具に身を包み、鳥たちが集まって水浴びをする内陸の水域に散乱している50羽ほどの死骸を回収、焼却する。死骸がウイルスの拡散を加速させると考えているからだ。彼が集める死骸は、諸島全体で死んだ鳥のほんの一部に過ぎない。

シェトランドでは今年、ヨーロッパでも特に早い時期にアウトブレイクが発生した。ウイルスを持ち込んだのはおそらく、北極圏の繁殖地に向かって北上する水鳥だと思われる。この数カ月の間、多くの鳥が集まる繁殖コロニーを中心に、野鳥の大量死の報告が増え続けている。たとえばギリシャのハイイロペリカンやオランダのコオバシギ、米ウィスコンシン州ミシガン湖のオニアジサシなどだ。

「これは危機的な状況です」とケリー氏は言う。「疑う余地はありません」

英国鳥類学協会のジェームズ・ピアース・ヒギンス氏も同意見だ。「個体数にこれほど大規模な影響を与えた例は見たことがありません。まったく前例のない事態です」

すでに危機にある海鳥に追い打ち

現在鳥インフルエンザによって減少している海鳥は、すでに数多くの脅威によって危機にさらされている。すべての海鳥種の半分以上が個体数を減らしていると考えられており、そこには気候変動、鳥の餌となる生物の乱獲、漁業における混獲、ネズミやネコといった外来哺乳類による卵やヒナの捕食など、幾つもの脅威がかかわっている。

海鳥は、海の健康状態の指標となるだけでなく、海と陸の生態系において重要な役割を担っている。彼らは糞を通じて必須栄養素を移動させ、また海の上位捕食者として食物網の調整に貢献している種も多い。

「海鳥の減少と彼らが直面している圧力について、われわれは長い間訴えてきました」とケビン・ケリー氏は言う。「今回のアウトブレイクは、これまで警戒していなかった新しい事態です」

夏の繁殖地でのアウトブレイク

これまでの鳥インフルエンザのアウトブレイクは、一般に越冬地にいる野鳥の間で起こり、季節の終わりに鳥たちが分散することで沈静化していた。しかし今年はシェトランドの夏のコロニーに鳥たちが到着して間もなくウイルスが現れたことから、地元の専門家たちは、何か前例のないことが起きつつあることを悟った。

H5と呼ばれる鳥インフルエンザウイルスは、同じ個体に同時に感染できる異なる株への進化を絶えず繰り返している。このウイルスの遺伝子はこれまで何度も変異と再結合を繰り返してきたが、大規模なアウトブレイクになるほどの感染力は持っていなかった。

「今回の株はどうやら、非常に感染力に優れているようです」と、「移動性野生動物種の保全に関する条約」の評議員であるルース・クロミー氏は言う。

感染力の強いこの新たな株が、どうやって冬から春まで引き継がれて来たのかはわかっていない。だが、混雑する繁殖コロニーに集まっている間、海鳥たちは特に大きな危険にさらされることになる。

スコットランドには、世界のシロカツオドリの繁殖個体群の約半数が生息している。シェトランドは昔からシロカツオドリの拠点となっている。その理由はひとつは、深海から栄養豊富な海流が上昇するヨーロッパの大陸棚の端付近という位置のおかげで、餌が豊富に見つかるためだ。

7月中旬に、シェトランドの州都ラーウィックから船に乗って付近のノス島に向かえば、高さ180メートルの切り立った砂岩の断崖の狭い岩棚で、何千羽ものシロカツオドリが巣を作る光景に出会える。頭上の空はにぎやかで、まるで四方八方から放たれる矢のように鳥たちが飛び交っている。

しかし、双眼鏡で繁殖地をよく見れば、巣の間に死骸が散らばっているのがわかる。崖のふもとには、空から落ちたばかりの死骸が波で打ち寄せられ、白い塊を作っている。すぐ近くでは、オオトウゾクカモメが水に浮いたシロカツオドリを夢中になって食べている。

今年の春から夏にかけては、これよりひどい状態になったこともあったという。ノス島の海鳥コロニーに旅行者を案内するツアーガイドのフィル・ハリス氏は、海面に浮かぶ50〜60羽のシロカツオドリの間を縫うように船を走らせたと語る。

「これまでに3度、崖の上のどこかから船の横に死んだ成鳥が落ちてきました」とハリス氏は言う。

食物連鎖への影響、オオトウゾクカモメは半減

懸念される変化は、鳥の行動にも表れている。スコットランドには、オオトウゾクカモメの世界全体の繁殖個体数の約60%が生息している。彼らは非常に攻撃的な鳥で、巣に近づいた相手を急降下で襲ったり、ほかの鳥から餌を奪ったりする。

ハリス氏によると、ノス島では通常、オオトウゾクカモメの集団がシロカツオドリを追いかけて、捕まえた魚を吐き出させている様子が見られるという。「今はそうした光景は見られません。シロカツオドリの死骸がたくさんあるので、食べるものに困らないのでしょう」

鳥たちは、場合によってはわずか数時間で感染の神経症状を示し始め、脳内でウイルスが複製されるにつれて混乱状態となり、やがて多臓器不全に陥る。シェトランドでは、視力を無くした状態で浜辺になすすべなく座り込んでいるシロカツオドリが観察されている。シロカツオドリの死骸を食べたオオトウゾクカモメも感染していることは、彼らがドリルのように体を回転させながら飛んでいる様子を見れば明らかだ。

「普段は実に堂々としている鳥たちのあんな様子を見ると、胸が痛みます」と、ケビン・ケリー氏は言う。「これほど大きな獣のような鳥が、自分の頭も支えることができないのです。鳥インフルエンザは神経に大きなダメージを与えます」

個体数に関しては、状況はさらに深刻だ。シェトランド島全域の生息地にいるオオトウゾクカモメの数は、昨年の同時期と比べて少なくとも半減している。場所によっては、10羽に1羽しか生き残っていないところもある。ジェームズ・ピアース・ヒギンス氏は、スコットランドのその他の島々でも、オオトウゾクカモメの大量死について同様の報告を受けているという。もし現在の傾向が続けば、オオトウゾクカモメはあと1、2年で絶滅してしまうかもしれない。

今のところ、シロカツオドリについての報告はそこまで深刻ではないが、一部のコロニーでは、今年の繁殖期にすでに成鳥の4分の1が死亡しているという。

また、オランダのテクセル島のサンドイッチアジサシなど、繁殖コロニー全体が消滅しつつあるところもある。英国で最も希少な海鳥ベニアジサシのコロニーであるコケット島では数百羽が死亡した。

ウイルスに感染している海鳥の多くは、長寿で繁殖が遅い。オオトウゾクカモメは成鳥になるまでに約7年かかり、1年に2個の卵を生む。シロカツオドリはわずか1個だ。つまり、彼らの個体数の回復には本質的に時間がかかるのだ。「現在目の前で展開されている状況は、今後数十年にわたって影響を及ぼすでしょう」とピアース・ヒギンス氏は言う。

次に何が起こるのか、今何をすべきなのか

大きな、そして今は答えが出せない問題は、次に何が起こるのかということだ。今のところ、今回の鳥インフルエンザの株が人間に感染したという報告は1件のみだが、将来的に人獣共通感染症として流行する可能性はある。

野生の種において懸念されるのは、渡りをする海鳥がこの新たな感染力の強いウイルスをさらなる群れ、特にまだほぼ影響を受けていない南半球にもたらすことだ。

どの種がウイルスを無症状のまま運べるのかはまだわかっていない。ジェームズ・ピアース・ヒギンス氏は、英国でウイルスを媒介しうる鳥はカモメだと考えている。

ルース・クロミー氏は、緊急に必要とされるのは、さらに多くの野鳥にアウトブレイクが起こる前に国と地域が対策計画を実施することだと述べている。

可能な対策として氏は、野鳥のコロニーの近くに養鶏場を作らない、重要なエリアでは犬の散歩を禁止する、巣作り中の鳥にストレスを与えないよう飛行禁止区域を設けるといった案を推奨している。鳥の死骸を回収することが良いことなのかどうかも確かめる必要がある。この問題については、今回のアウトブレイク中も明確な答えがわからないままにされてきた。

これまで、人々の注目は主に家禽類の間で発生したウイルスの追跡に集まっていた。多くの保護活動家や科学者が、野鳥におけるウイルス拡散の研究に、より多くの資金をあてるよう主張している。

ケリー氏は、今回の鳥インフルエンザ危機をきっかけに、各国政府が、海鳥に対する既存の脅威を減少させるための保護プログラムに資金を投入するようになってくれることを願っている。

シェトランドでは、地元住民たちがジリジリとした思いで、繁殖シーズンが終わって海鳥が営巣地を離れ、とりあえず安心できるのを待っている。

「今年のシーズンが終わって鳥たちがいなくなってくれるのを願っています。この状況をなんとか打破したいのです」と、シェトランドの海鳥のツアーガイド、フィル・ハリス氏は言う。「そして、改めて来年の様子を見たいと思います」

文=HELEN SCALES/訳=北村京子(ナショナル ジオグラフィック日本版サイトで2022年8月25日公開)

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ナショナルジオグラフィックは1888年に創刊し、大自然の驚異や生き物の不思議、科学、世界各地の文化・歴史・遺跡まで1世紀以上ものあいだ、地球の素顔に迫ってきました。日本語版サイトから厳選した記事を掲載します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン