/

この記事は会員限定です

父のノートに手塚治虫…マンガ家とり・みきさんの原点

こころの玉手箱

[有料会員限定]
1958年熊本県人吉市生まれ。明治大学中退。79年「ぼくの宇宙人」で漫画家デビュー。ギャグ漫画をメインに活躍。熱心なSFファンとしても知られる。著書に「遠くへいきたい」「SF大将」「プリニウス」(ヤマザキマリと共著)など。

父が残した少年時代のノート

思い出の事物を紹介するのがこの欄の趣旨らしいのだが、最初に取りあげるのは、実は私自身もつい最近まで眼にしたことがなかった古い大学ノートの中身である。

「中身」というのは表紙と裏表紙が取れてしまっているからで、8年前に他界した父親の所持品の整理中に発見したものだ。

父親は開業医だった。田舎のことでもあり、長男の私は幼い頃から当然のように「医者になって病院を継ぐもの」と周囲に勝手に決めつけられていた。学校の教師もそういう態度で接するので面倒臭かったが、当の父親は子供の進路に関しては寛容で、本心はわからないが、少なくとも息子によけいなプレッシャーを与えることはしなかった。

というのも、父親もまた球磨焼酎の卸問屋という大店の長男ながら、家業は継がず医者になった経歴の持ち主で、さらにつけ加えればもともとは文筆業を目指していたようで、開業後は地元の新聞に随筆の連載を持っていた。

ノートには最初そういう随筆の下書きやメモが書かれているのかと思ったが、違っていた。記されていたのは父親の少年時代の日記や、当時感銘を受けた文学作品の抜粋で、地の文、つまり再録時に自分で付け加えた感想や解説めいた文章は一切なかった。

抜粋されているのは高山樗牛の叙情文、島崎藤村の紀行文、ジイドやシェリーの詩、漱石の随筆、南洋一郎の冒険小説の一節等々でその間を小学校低学年から高学年までの自分の日記で埋めている。つまりこれは誰に見せることなく書かれた「自分展」なのだった。

このノートのことは知らなかったが、書かれているエピソードや引用は幼い頃に父親からよく聞かされたものばかりで、そういう意味では「思い出の品」というより「思い出のネタ」的な物件といえる。

ちなみに地の「文」はないが、要所要所には父親が自分で描いたカットが挿入されている。写真は口頭でもよく聞いた『プルターク英雄伝』の一節とブルータス及びアントニーの絵で、ブルータスはちゃんと元老院のトガを着ている。

現在、私はヤマザキマリさんと『プリニウス』という古代ローマを舞台にしたマンガを描いているが、なんだか自分でも忘れていたその興味の原点を再発見した思いであった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2511文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン