/

この記事は会員限定です

月の裏側がもたらす恐怖 小谷真理氏が選ぶ一冊

残月記 小田雅久仁著

[有料会員限定]

月は地球の周りをめぐりながら自転するため、地球からは常に同じ側を見ることになる。つまり、地球にいる我々は月の裏側を見ることができないのだ。こんなわけで「月の裏側」という発想にはミステリアスな幻想性がつきまとう。

本書はそんな月のダークサイドにまつわる物語を3編収録している。

例えば、第1話の「そして月がふりかえる」。

突如月が普段とは反対の面を見せる。と、それまでのおだやかな日常風景が、突然豹変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン